No00ガイダンス

 

2014. No00ガイダンス

  ──────────────────────────────

           

                  とれとれE★社労士  

   

  ──────────────────────────────

   ~一日読めばちょっと効く 毎日読めばきっと効く~     

 

  過去問を中心に解説&ワンポイントアドバイスをつけてあなたのもとへ

  愛あるメールをお届けします! お楽しみに!

 

**********************************************************************

さん、こんにちは~♪

 

下記がダウンロードアドレスです。クリック(或いはこのURLをグーグルや

ヤフー等検索エンジンにペースト)し、表示されたナンバーを

クリックすると簡単にダウンロードできます。

 

┏━■ダウンロードアドレス

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ここをクリック

 

 

 

 

とれとれE★社労士のkeikeiこと金山圭子です。

これから長いおつきあいになると思ますが、宜しくお願い致します^^。

 

 従来「ベーシック講座」と命名しておりましたが、今年新たに講座名を

 ──────────────────────────

 「10分でわかる 知っておくとためになる法律の話」

 ──────────────────────────

 と改名し、音声付の講義形式と致しました♪

 

 従来からの内容をベースに更にパワーup!

 

~この講座でお届けする内容~

■法律の根幹、目的、趣旨、沿革+法律の基礎的な知識

 →通常、講義ではすーっと流しがちな内容

 →が、ここを再確認しておく(=知っておく!!)ことにより

  過去問の見方が断然違ってきます。

 

例)

☆法律の目的

 

☆法律の基礎知識

NO1法体系

 

☆法律の沿革、法と法の関わり

・労働基準法と安全衛生法

・労働基準法と労災保険法

・労働基準法と職業安定法、労働者派遣法

・労働基準法と労働契約法

・労働基準法と最低賃金法

・労働基準法と男女雇用機会均等法

 

・年金2法の沿革

 

☆各法律の中で制度趣旨を理解すれば、単純な暗記にならずにすむ箇所

 

 

~講座の特徴~

■10分間でその日お伝えしたいポイントを確実にお届けします

■その日のポイントに沿った講義を聞いた後→掲載過去問を確認すれば、

 過去問の理解が深まります!

 また、今までと違った角度でその過去問を理解することが可能です

 

~講座の対象者~

■初学者

 細かな箇所にばかり気をとられ、勉強を楽しむ、理解するという感覚を忘れ

 がちですが、この講座を聞き、「知っておく」を実行すれば、学習している

 法律をもっと大きな視点で、捉えることができます!

 楽しくなります

 

■再受験者

 「どうしても、あと1点がとれない」

 「未知の問題が解けない」

 そういう再受験生の方の、基礎力の引き上げができる講座

 社労士として知っておくべき

 ・法と法との関係、

 ・法の沿革、

 ・法律の基礎知識

 が日々10分の講義を聞くことにより再確認できます。

 

 

 

※単純に文末のひっかけたり、数字の入れ替え等テクニック的な問題ではない、

 もっと、奥深い部分に関するもの

 かつ、

 「覚える」という内容ではなく、「知っておく」という内容

 こういったたぐいの過去問はすべて、「超重要過去問解説講座」ではなく、

 こちらの講座でピックアップし、解説するようにしております。

 ですので、一般常識対策以外は、

 ○10分でわかる 知っておくとためになる法律の話

 +

 ○超重要過去問解説講座

 の両講座を受講することによって対策が完成します!!

 

 

 

■12月中旬まで(回数としては計40回)を予定しております。

 

■毎号、冒頭部分に音声ダウンロード先URLを掲載しますのでクリックして

 ダウンロードし、お聞き下さい(約10分間)

 

■配信日、時間

 平日(月)~(金)まで(土、日は配信お休みです)

 配信時間は、当日朝6時前後にお届け予定ですが、一度に全ての方に同報

 出来ず、分割送信するものですから、当方の都合で前日夜に配信させて

 頂くこともございます。

 当日朝9時までに配信がない場合はお手数ですがご連絡下さいませ。

 すぐ再送させて頂きますので

 

■今後の配信スケジュール

 No.01 法体系1

 No.02 法体系2

 NO.03 罰則法と保険法

 No.04 社会保障

 No.05 公的保険(年金)と私的保険(年金)

 

 No.06 保険給付とそれ以外の項目

 No.07 国庫負担と国庫補助

 No.08 世代間扶養

 No.09 スライド

 No.10 適用 

 

**********************************************************************

───────────────────────────────────

■転写・複写禁止

[閉じる]